スーパー銭湯、健康ランドとは?


スーパー銭湯、健康ランドの定義

公衆浴場法の第1条第1項によって定められた 「温湯、潮湯又は温泉その他を使用して、公衆を入浴させる施設」で保養・休養を目的とした公衆浴場。 公衆浴場法では、「その他の公衆浴場」に分類され、一般公衆浴場(通常の銭湯)のように物価統制令の制限は受けない。

スーパー銭湯と健康ランドの違い

健康ランドは、温泉、岩盤浴、ジェットバス、露天風呂、薬湯、バイブラバス、打たせ湯、サウナなど多種の浴槽の他に 食堂やゲームコーナー、マッサージ、カラオケ、レストルームなどを有する大規模な公衆浴場です。 対して、スーパー銭湯は健康ランドに比べて低料金で設備を少なくした中規模な公衆浴場です。

健康ランドの使い方

銭湯と違いタオルや石鹸、シャンプー、リンス、タオルなどの入浴道具は用意されているので、手ぶらで行っても利用できます。 お風呂に入力する他にレストランで食事もでき、宴会場を完備している施設もあるので大人数で行って宴会をすることもできます。 また、風呂あがりにはマッサージやゲームコーナー、映画室など娯楽施設も充実してます。 24時間営業している健康ランドは休憩室を仮眠室として宿泊施設の代用をして使われることもあります。