銭湯レポート 『官兵衛の湯』 西脇市 兵庫県

今回は日本の「へそ」と言われる兵庫県西脇市の
『官兵衛の湯』に行ってみました。
名前の通り、姫路出身の黒田官兵衛からその名を
とっているようです。

【基本情報】

官兵衛の湯

住所 兵庫県西脇市鹿野町255-2
TEL 0795-22-5526
営業時間(風呂) 10:00~22:00
(その他)11:00~22:00
定休日 水曜日

入浴料 大人(中学生以上)・・・600円
小人(4才から小学生)・・・300円

アメニティ シャンプー・ボディソープ・リンスあり

駐車場 あり

脱衣所

受付で鍵をもらい、指定のロッカーを使います。
脱衣所はさほど広くありません。
ベンチも一つしかないので、混み合う日は少し不便かも
しれません。

殺菌されたクシとドライヤーは無料で使用することが
出来ます。
メイク用のスペースが別に用意されていました。

お風呂

最近流行りの畳敷きの床でした。
冷えたり滑ったりすることがなくて快適です。

内風呂には、足湯と低温・高温風呂があります。
低温と言っても「少しぬるいかな?」というくらいで、
高温のほうは普通の銭湯などでは普通の温度(ちょっと熱め)
といった感じです。

純和風のこだわりのインテリアで、天井の梁や庭の雰囲気も
楽しいです。
掃除も行き届いていて綺麗なので、安心して入れます。

外に出ると、寝湯やつぼ湯。
のれんをくぐると、露天風呂が2つあります。

つぼ湯には薬草がふんだんに入っており、独特の漢方の香り
がしていかにも肌に良さそうでした。
露天風呂はのれんをくぐった先にあったんですが、
(温泉内でのれんをくぐったのは初めてです)
ただっ広くて、ちょっと距離があったために寒くて
思わず小走りになりました。

露天風呂は広めで、空いていたのもあって気持ちよかった
んですが1つ残念な点が。
せっかくの日本庭園なのに、青いビニールシートが
置いてありました。
一時的なものなのか、何なのかわかりませんが
そういったものを置いておくのはちょっと興ざめでした。

洗い場

ごく普通のプッシュタイプのカランと
シャワーです。
アメニティは揃っていました。

サウナ

塩サウナと本格サウナがあります。
サウナは広々としていて、ゆったり使えます。

塩サウナのほうは、外の光が入っていて雰囲気も
良かったです。

感想

官兵衛の湯は温泉ではなく、天然温泉に限りなく近いお湯を
人工的に作り上げたものです。
西脇市の入浴施設は初めてでしたが、田舎らしく(失礼!)
寒いくらい広々としていました。

お風呂に入っているとき、ほかのお客さんに
「ここの食事は美味しいって話題ですよ」と教えてもらいました。

官兵衛の湯には食事処があり、そこでは加古川名物の「かつめし」や
鍋料理を出すお店があります。
帰りに覗いてみると、家族連れでにぎわっていました。
次回来たときは試してみようと思います。

最後に、
『官兵衛の湯』の駐車場には有名な「親子パンダ」がいます。

西脇ではかなり有名なパンダのようです。

何とも言えないこの表情は、一度観たら忘れられません。

なぜここにこんな表情のパンダ(しかも親子)がいるのか
分からないですが、とにかく一見の価値ありのパンダです。

地図等の情報はコチラ➡官兵衛の湯

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク