銭湯レポート『湯めごこち 南郷の湯』北海道札幌市

北海道札幌市にある『湯めごこち 南郷の湯』のレポートです。

【基本情報】

・住所 札幌市白石区南郷通14丁目北3-5

・電話番号 (011)-846-4126

・営業時間 平日:14:00~24:00

土日祝:10:00~24:00

【アクセス】

・札幌市営地下鉄東西線 南郷13丁目駅から徒歩3分

3番出口から、本当にまっすぐ!という感じで到着します。駅近です!

【入浴料】

大人:440円

小学生:140円

乳幼児(0歳~):70円

※11枚綴り回数券(4400円)も販売されています。

※「石鹸、シャンプー類は備え付けておりません」と書いてあります。

タオルも付きませんので、手ぶらで行く場合は購入することとなります。

タオル単品での販売もあるのですが、この入浴セットがお得そうです。

バスタオルもない場合は、これに加えてタオル単品を買うのが良いでしょう。

【外観・駐車場】

小ぢんまりとした建物に見えます。

駐車場は広く、100台くらいは停められそうです(が、混んでいます)。

【受付~脱衣所】

靴ロッカーは、施錠できるものと、オープンな靴箱のどちらもあります。

が、施錠のできる靴ロッカーの利用が推奨されていますので、空きがある限り利用しましょう。

脱衣所も同様で、100円玉を入れて使用する鍵つきロッカーと、脱衣カゴのいずれも設置されています。

【浴室】

受付のところでも少し書きましたが、浴室には石鹸、シャンプーの備付がありませんので、必要なものはすべて自分で持って行くか、入浴前に購入することになります。ご注意ください。

洗い場は仕切りがなく、シャワー、カランそれぞれにレバーがついている形です。

札幌では温泉の出るスーパー銭湯も多いのですが、ここは温泉なしです。

内湯はメイン浴槽のほか、ジャグジー式の泡風呂、電気風呂、水風呂があります。

すべて白湯で、温度が(水風呂以外は少しずつ)違うくらいです。

全体的に熱すぎずぬるすぎず、好みに合わせて湯温を選びながら入浴できるので、快適です。

乾式サウナもあります。

外に出ると、露天風呂の浴槽が2個あります。

屋根のついている方が湯温が高く、ついていない方がややぬるめです。

気分や体調に合わせて入浴することができますので、

砂利敷きの庭、植木がそよそよと揺れるのをを眺めながら、ゆっくりと入浴するのがおすすめです。

内湯も露天風呂も、湯温を示すデジタル温度計がついていますので、浴槽選びの目安になります。

【その他】

「湯めごこち 南郷の湯」は、館内にも軽食の食べられるコーナーがあるのですが

それよりも売りになっているのが、併設の「はなまるうどん」です。

お風呂のある建物の手前に、小さな「はなまるうどん」の店舗があって、

正面から入ってくるお客さんは、まずそこに捕まる(?!)形となります。

サラダうどんと、揚げ物を少々。

入浴前に捕まってしまうのもいいのですが、

本当は、湯上りに冷たい麺をツルツルっ!といただくのって、最高の贅沢なんじゃないでしょうか?

というわけで、入浴前についつい引っかかって入店するよりは、入浴後に立ち寄ることをお勧めしたいのですが、

それには、もう一つ理由があります。

こちらは、入浴+食事のセット券のご案内です。

入浴料440円+食事券400円=840円のところを、750円で楽しめるので、

90円お得ということになります。

こういうセット券自体は、浴場とレストランを併設しているところにはよくあるのですが、

実はこれ、はなまるうどんの店舗では取り扱っておらず、

南郷の湯の券売機でしか売っていないのです。

知らずにうっかり、はなまるうどんのレジに並んで注文を済ませてから知ると、

とっても後悔することになります…。

お食事と入浴どちらも楽しみたい方は、是非、南郷の湯の券売機に最初に行って、

セット券を購入してお得に楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク